SAP Award 受賞歴

SAP AWARDとは、1998年に創設された『SAP AWARD OF EXCELLENCE』は、SAPビジネスへの貢献度、ならびに顧客満足度などにおいて、極めて高く評価されたパートナー企業に授与される賞です。当社はSAP AWARD創設以来、10回以上の受賞をしています。これは、お客様への真摯な姿勢と新技術に対するチャレンジ精神に基づく、 絶え間ない努力と効果を生み出す力が、プロフェッショナルとして評価されたことの証と自負しています。

SAP AWARD 2020

2020年のアワードでは、SAP S/4HANA®やクラウドなどの主力SAPソリューション分野での取組みや成果、ビジネスの実績、優れた導入プロジェクト、お客様への高い価値の提供、といった様々な観点からパートナーを評価し決定されました。また同時に、2016年に創設され、SAP 関連システムの導入プロジェクトにおいてイノベーターとして革新的な取り組み・アプローチをされて新しい価値を創出し、お客様や社会へ貢献された個人に授与されている「SAPマイスターIQ」においては、2020年は全パートナーの中から5名が選出されました。

この度の2020年はB-EN-Gは、優秀賞"プロジェクト・アワード"を受賞し、"SAPマイスターIQ"でメンバーが選出されました。



優秀賞"プロジェクト・アワード"受賞

【対象プロジェクト】

「第一稀元素化学工業株式会社様:SAP S/4HANA Cloudによるグローバル販社展開及び業務標準化プロジェクト」

ビジネスの海外展開に合わせ、グループ共通の基幹システムをSAP S/4HANA Cloudで提供、各海外拠点の経営情報をリアルタイムで可視化。同製品の最新機能を活用しつつ、計画通りの進捗で中国現法がサービスインできた点が高く評価されました。

今回は、コロナウイルスの拡大感染を回避するため、『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2020』発表の場であるSAPパートナー向けのコンベンション「2020 SAP Partner Summit Day」はオンラインに切り替えられましたが、すべての受賞発表後、お客様側のPMである第一稀元素化学工業株式会社 萩原様と弊社側のPMである朝比奈部員がスクリーンで「パートナー様とお客様による成功事例のご紹介」スピーチを行いました。

(写真はオンラインでの発表の模様: 左 プロジェクトマネージャー 朝比奈部員、右 第一稀元素化学工業株式会社 萩原様)


【SAPマイスターIQ】称号

「SAP マイスターIQ」 は、SAP 関連システムの導入プロジェクトにおいて特に優れた成果を挙げたという「功績」を称えるだけでなく、イノベーターとして新しい価値を創出し、お客様や社会へ将来にわたって寄与・貢献される「未来を創るマイスター」の称号と位置付け、今後のSAP プロジェクト推進の中核となる人材を、審査に基づき個人に認定・表彰されるものです。なお、"IQ"は「革新的なコトを成す資格を持つ者」を意味する"Innovation Qualifier"の略です。

2020年はソリューション事業本部エンタープライズ経営管理ソリューション2部 朝比奈部員が選出されました。



SAPジャパンのニュースリース
SAP AWARD OF EXCELLENCE 2020受賞パートナーを発表 (SAPジャパン公式ページ)

2020年までの受賞について

~各賞の受賞回数~

第1回のSAP AWARD(1998年)にて エクセレント・サービス・パートナーを受賞をして以来、現在までに以下の賞を受賞しています。

エクセレント・サービス・パートナー 10回
プロジェクト・アワード (最優秀賞:プロジェクト・オブ・ザ・イヤー含む) 7回
SME フォーカス アワード 1回
クラウド・トランスフォーメーション・ドライブ・アワード 1回

~ダブル受賞~

以下の年は、2部門で受賞をしています。

2016年 プロジェクト・アワード&クラウド・トランスフォーメーション・ドライブ・アワード
2008年 エクセレント・サービス・パートナー&プロジェクト・アワード
2007年 エクセレント・サービス・パートナー&エンタープライズSOA
2005年 エクセレント・サービス・パートナー&SAP Net Weaver
2003年 プロジェクト・オブ・ザ・イヤー&エクセレント・サービス・パートナー