mcframe MOTION

詳細はこちら(mcframeサイトが開きます)

概要-製品の目的

人口減少・少子高齢化の進展は、生産現場における労働力不足の問題を招いており、作業効率化のためのカイゼン活動、人材教育の継続的実施および効率化などの対策が不可欠となっています。
これらの課題を解決すべく、

  • 人の動きをデジタル化することによる定量的な作業評価によって改善ポイント発見の糸口を提供する。
  • 熟練者の知識とノウハウを基に教育教材を簡単に作成できるようにし、現場作業者の能力と労働生産性を効果的に向上させるための標準化された作業教育を、時間と場所を選ばず実施可能にする。

上記2つを目的に製品開発されたのが「mcframe MOTION」です。

mcframe MOTIONは、作業のデジタル化によって作業者の能力向上サイクルを実現します。

概念図

製品体系

mcframe MOTIONは、2つの製品で構成されています。

VR-learning 仮想現実(VR)テクノロジーを用いた学習システム

作業現場さながらの臨場感ある現場教育が手軽にできるVRトレーニング・システムです。
作業技能の習得や安全意識の向上などの現場教育を、現場に行くことなく自由な場所とタイミングでインタラクティブに自習できます。また、教材が内製できるので、新たなトレーニング項目が必要となっても迅速に対応でき、能動的な体験学習が可能です。また、定量的評価による学習効果の向上も期待できます。


Human-tracking 位置情報や画像を用いた人の作業計測・分析システム

カメラから取得される位置情報や画像を用いて、手間暇かけずに人の作業や姿勢を計測し、効率化や生産性向上を支援する分析システムです。作業の割合、ばらつき、異常などから改善ポイントを発見できます。
作業者の識別や動作の追跡などの基本機能の精度を向上させるため、AIを用いた画像認識技術を取り入れています。

mcframe MOTIONの全体像や解説はこちらをご覧ください。