次世代高度計画ソリューション
LOGIS Production Planner

LOGIS Production Planner(以下LPP)は、複雑な計画が必要とされる環境下において、更なるビジネス効果や競争優位性を高めることができる次世代計画(Advanced Planning & Scheduling)ソリューションです。
※複雑な計画とは、設備制約や製造ルールが多いこと、計画の組み方が計画担当者の経験に依存していることを意味しています。

概要

LPPは、ERP、MESと情報連携を行いながら、設備制約や製造ルールを考慮した全体最適となる生産計画(能力負荷計画・チャンス計画・バッチ計画・順序計画)、更には、KPI目標を達成するための生産計画を作成できる次世代計画(Advanced Planning & Scheduling)ソリューションです。

パッケージ標準機能以外に独自の制約やルール、アルゴリズムの追加・変更が可能です。したがって、運用を重ねるうちに顕在化してくる新規要件に対しても随時対応し、システムを成長させていくことができます。すなわち、"計画者の「夢」を実現できる"と評価されています。

LOGISの機能

特長 -次世代計画(APS)への対応

次世代計画説明

導入効果

  • 顧客対応力の向上
  • 実行可能な生産計画を迅速に立案し納期を回答できるため、納期回答精度向上と納期遵守率向上が狙えます。

  • 生産効率の向上
  • 工程全体の能力負荷計画と工程内の順序計画を連鎖させた統合一貫計画を立案できるため、能力オーバーや手待ちを解消した稼働率最大化計画が狙えます。

  • 製造リードタイムの短縮
  • 製造現場の実態に即した可変のリードタイムを採用することで製造リードタイムの短縮が実現でき、更に工程間仕掛在庫も削減されます。

  • 在庫水準の低減
  • 全体最適化の同期が取れた一貫計画を実現できるため、工程間の仕掛在庫、物流上の製品在庫の水準を低減、在庫管理コストも削減できます。

  • PDCAサイクルの高速化(IoT連係)
  • 計画サイクルは、細かくは日次、時間、分単位まで、更にはIOTと連係した発生時点の計画まで実現することで変化へ迅速に対応できます。

  • 新規要件への対応力向上と機密保護
  • 制約やルール、独自のアルゴリズムをプログラムから独立してデータで容易に設定できるため、新規要件に対してお客様が自ら対応できます。
    また、データであるため重要な機密仕様も構築パートナーに渡る心配がありません。

B-EN-G 導入支援の特徴

複雑な計画が求められる業種で培った計画系導入方法論とERP導入にて培った大規模プロジェクト導入方法論より、LOGIS社と連係して新たな次世代計画への取り組みを業務構想から稼働まで、業務とシステムを一貫してご支援いたします。

B-EN-GのLOGIS導入支援