生産スケジューラ Asprova APS

Asprova APSは、オーダに対して複数工程を跨る作業計画を立案します。
プランニングデスクトップ画面では、オーダ紐付け資源ガントチャート、オーダ作業ガントチャート、負荷グラフ、在庫グラフを、日本で頻繁に利用される水平軸にてビジュアル表示できるため、直感で計画調整が行なえます。

概要

Asprova APSは、納期と優先順を用いてバックワード及びフォワードスケジューリングを行います。
着手日違反、納期遅れ、負荷オーバー、仕掛在庫を、プランニングデスクトップ画面にて直感的に見ながらEPST(最速着手可能時間)、LPST(最遅着手可能時間)の間で、マウスのクリック操作で差し立てを行いスケジュール調整を行います。マウスを重ねると必要な情報がポップアップ表示されるためクイックアクションが可能です。

Asprova APS画面

製品の特徴

1)計画担当者が考慮するヒューリスティック機能を標準で装備

  • 有限能力割付制約
  • 仕掛在庫Min計画
  • バックワード割付+折返フォワード割付
  • バックワード割付の押し込み
  • 仕様まとめ
  • バッチ焼鈍
  • 中断時間不可
  • 後工程の制約考慮
  • 副資源登録による作業者制約考慮
  • オーダ分割/作業分割
  • 品目へ複数通りマスタ設定
  • 複数資源割付制約
  • 在庫の有効期限制約

2)複数計画者による調整が可能

各工程の計画担当者が調整

3)MRP展開が可能

在庫情報と自動補充設定により、順序計画に合わせたMRP展開が可能

導入効果

  • 計画立案時間の短縮
  • 複数工程を跨ぐ複雑かつ属人的な生産負荷計画と投入順序計画をシンプルにスケジューリングすることで短時間の調整が可能

  • 特急オーダの納期確約
  • 特急の受注オーダを取り込んでスケジューリングすることにより、生産制約を考慮した確度の高い納期回答が可能

  • ボトルネック資源の有効活用
  • ボトルネック資源を制約を考慮しながら有効活用することでスループットを最大化

  • 仕掛り在庫最小化の実現
  • 在庫Min条件とは相反関係にある"資源有効活用(能力平準化)"、"納期遵守"の条件も考慮した上で仕掛り在庫を抑制可能

  • 複数シナリオを評価するKPI
  • 複数の計画シナリオを予め設定したKPIにより、各シナリオを評価し、意思決定のスピードアップを支援

  • 状況変化へのスピーディーな対応の実現
  • ビジネス状況の変化により計画立案方法が変化した場合でも、Asprova APSは開発することなく要件変更を反映でき汎用性が高い。これにより、要件変更への早期対応が可能で、遅滞ない意思決定が可能

B-EN-GのAsprova APS導入支援の特徴

  • 標準プロセス構築支援
  • 計画業務は多くの情報収集・情報整理・情報分析・判断を一人がExcel上で進める思考プロセス型業務です。現状のやり方をそのままシステム化すると属人的なスケジューリングシステムになってしまします。 B-EN-Gでは、こうした計画業務の特性を熟知したコンサルタントが、業務改善の支援から始めます。

  • リアルモデルによる要件定義
  • スケジューリングシステムは、漏れなく要件を引き出すことが難しいと言われています。B-EN-Gでは、簡易インタビューを経て作成したプロトタイプに、実業務で使用しているマスタ(基本は全件)や計画データ(計画立案対象期間)を取込んだリアルモデルを1ヶ月程度で準備し、疑似運用テスト的に要件検討を進め、要件漏れを防ぎます。

リアルモデルによるプロジェクトの進め方

関連ページ

医薬品製造業などプロセス産業向け特設ページはこちらをご覧ください。