医薬品 研究・開発データ統合基盤構築支援

医薬品業界では、新薬の開発スピードアップが求められている中、医薬品のライフサイクル全般にわたり、様々なシーンから得られるデータの活用を検討する企業が増えてきました。全体でのデータマネジメントが求められています。

一方で、研究・開発関連のシステムは、これまでシステムの統制が比較的弱く個別ニーズで増強されてきた背景から、システムをまたがってデータやコード間の整合性が取れていない状態が多く発生しています。
また、研究の初期段階から開発-生産-市販後までを通じて、製品や化合物などのキーコードと、各アクティビティ(テーマ、プロジェクト、タスク、プロトコールなど)との一貫した紐づきが不十分で、データ活用の大きな阻害要因となっています。

B-EN-Gは、新製品の開発プロセス改善・スピードの向上を支援する研究・開発データ統合基盤構築において、構想策定から方針検討、システム構築、運用支援までライフサイクルに渡りご支援します。

研究・開発データ統合基盤 狙い

下記を実現し、新製品の開発プロセス改善・スピードの向上を狙います。


  • データハンドリングにまつわるムダ時間の削減(情報の探索、データチェック)
  • データ品質向上によるデータ不備等のリスク低減
  • ユーザー自身のデータ活用力の向上
  • システムTCOの低減
  • 業務変化へのシステム対応スピード向上

研究・開発データ統合基盤 コンセプト


  • 研究・開発に関するキーコードの一元管理
  • キーコードに紐づく計画・実績データの集約
  • 情報のつながり(化合物~製品など)の可視化とデータ探索
  • データガバナンス(ルール、手続き、ワークフローなど)
  • システム間連携の疎結合化

研究・開発データ統合基盤 イメージ

B-EN-Gのサービス

研究・開発データ統合基盤において、構想策定から方針検討、システム構築、運用支援までライフサイクルに渡りご支援します。


資料ダウンロード

以下の資料をダウンロードすることができます。

製薬業様向け「研究・開発データ統合基盤」紹介資料

研究・開発データ統合基盤の概要、具体的なシステム概要図と、B-EN-Gの構築支援サービスを記載