個別原価計算採用企業向け b-pERP

b-pERP(Business Enhancer with Project-oriented ERP)は個別原価を時間軸に沿って管理するプロジェクト型の管理会計ソリューションです。
経営環境の変化に伴う組織変更等に柔軟に対応でき、個別原価管理の視点で一般会計・管理会計・調達機能を強化しています。


特徴

  • 企業内の個々の活動を、全てプロジェクトとして捉えることにより、ダイナミックな経営情報管理を実現
  • 管理会計(予算系)と財務会計(実績系)モジュールが互いに密接な連携をとり、リアルタイムな予実対比を実現
  • 組織変更にとらわれないプロジェクトベースでの予算管理を実現
  • 経費伝票入力など多数のエンドユーザーが使用する入出力画面には、使いやすさを考慮しExcelを活用
  • ベースとなるEBSにはオープンインターフェースが用意されており、モジュールの段階導入が容易 将来のシステム拡張にも対応可能
  • 実稼働環境で検証済みのモデルをベースとし、プロトタイプおよび成果物テンプレートを適用することにより、「導入期間の短縮」「導入コストの削減」が可能

特徴

b-pERPのアウトライン

b-pERPは、財務会計ソリューション「pFIN」と管理会計ソリューション「pMA」の2つのサブソリューションで構成されています。

財務会計ソリューション pFIN
  • EBSモジュールがコア
  • 全ての仕訳を記帳し、科目別に残高を集計・検証した上で財務レポートを出力
  • 個別原価計算に必要な工数実績取込・原価振替機能
  • 各種支払文書作成(立替精算・国内旅費精算等)
  • 仕入・買掛金・現預金勘定の計上仕訳をGLへ転送
  • 現状システムで保有しているマスターを継承可能
管理会計ソリューション pMA
  • 引合情報、見積情報から受注までの営業管理を実現
  • 案件登録からプロジェクト終了まで、予算と実績との差異を管理し、プロジェクト管理型の管理会計を実現
  • 請求書発行、売掛管理の実現

管理会計テンプレート pMA