製造現場のモバイルソリューション

紙の文化が色濃く残った現場。製造実績や製造条件の記録など、現場での重要な情報も、まずは紙のフォーマットに記入され、そのうちのいくつかのデータについてはコンピューターに転記されるという業務が、広く浸透しています。そのため、過去の記録を分析し、活用しようとしても、分厚い紙のファイルを一枚一枚めくりながら、情報を探さなければなりません。また設計書や作業手順書など、生産に関連する重要なドキュメントも、必要となるたびに紙で現場に持ち込まれています。

しかし、タブレットを活用すれば、製造実績や製造条件の記録などは現場でタブレットに入力することにより、紙からコンピューターへの転記をすることなく、検索が容易な電子情報として蓄積されていきます。また文書管理システムと連携すれば、生産に関連するドキュメントを、現場にいながらにしてタブレット上で閲覧することも可能です。 ナレッジ共有、データ入力作業の効率化、現場情報の即時反映など、モバイルを武器として活用することが、現場での改善につながるものと確信しています。

関連ソリューション

mcframe RAKU-PAD

スマートデバイスを用いた製造現場の改善ソリューション。

単に情報端末としての優位性を活用するだけでなく、当社の現場ノウハウを元に開発したデータベース/解析機能と組み合わせることにより、「簡単なデータ入力」、「手軽なデータ解析」、「素早い情報活用」という特長を実現し、製造現場の業務効率改善、品質向上、トラブルシューティング等を支援するソリューションです。

mcframe for iPad/iPhone

iPad/iPhoneを操作端末として用い、mcframeを利用できます。

モビリティに優れ、操作性と情報表現力の高いiPad/iPhoneを利用することで、従来のERPの領域を超え、ハンディターミナルの代わりとしてmcframe実績データの現場即時入力、および進捗データのリアルタイムかつ直感的な把握が可能になります。

mcframeの最新バージョン mcframe7のご紹介はこちら