GLASIAOUSコンソーシアム、海外拠点の"弱点"を把握できる
「海外法人"弱点"診断サービス」の提供を開始

2020年02月19日
GLASIAOUSコンソーシアム
ビジネスエンジニアリング株式会社

pdf版(338.8 KB)

会計・税務面から日系企業の海外進出支援を目的とする「GLASIAOUS(グラシアス)コンソーシアム」(2017年8月設立)、およびGLASIAOUSソフトウェアの開発元であるビジネスエンジニアリング株式会社(東京都千代田区、取締役社長:大澤 正典、以下B-EN-G)は、本日、企業の海外拠点の"弱点"を把握できる海外診断サービスの提供を開始いたしました。 本サービスは、BDO税理士法人(本社:東京都新宿区 統括代表社員 長峰 伸之)および太陽グラントソントン・アドバイザーズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役 梶川 融)が中心となり検討しました。

GLASIAOUSコンソーシアムに加盟する税理士法人や会計事務所では、お客様から次のようなお声が多数寄せられています。

 ・最近、M&Aで海外子会社を買収した、または、これから海外の会社の買収を検討しているが、
  どのようにコントロールして行けばよいか悩んでいる。
 ・最近、海外子会社で不正が起きた。
 ・海外の合弁会社の財務状況がよく分からない。
 ・海外の会計情報をタイムリーに把握できない。

「海外法人"弱点"診断サービス」は、不透明になりがちな海外拠点の状態を診断表にまとめ、経営の見える化を実現するサービスです。本サービスをご利用いただくことにより、海外法人の管理上の状態・状況を簡易にチェックできます。主に経営者の方、あるいは海外事業の責任者に向けてヒアリングを実施し、診断結果を報告書にまとめ、フィードバックを実施いたします。併せて、GLASIAOUS(クラウド型国際会計サービス)を用いた継続的な現地財務状況の透明化も行います。

◎成果物のイメージ


◎GLASIAOUSによる海外財務情報の透明化


本サービスはBDO税理士法人、太陽グラントソントン・アドバイザーズ株式会社を中心に、今後2年間で30社150拠点のお客様への提供を目指しています。

■GLASIAOUSコンソーシアムとは:
「GLASIAOUS」は海外進出企業を対象とした、クラウド型の国際会計サービスです。業界を代表する会計事務所とIT企業が一体となり、GLASIAOUSを支援するために、コンソーシアムを結成しています。多種多様な「知」と「経験」を結集し、クラウド型国際会計サービスのデファクトスタンダードを目指します。
GLASIAOUSコンソーシアムの詳細は、 https://www.glasiaous.comをご覧ください。

お問い合わせ先

GLASIAOUS(グラシアス)
      コンソーシアム事務局

      E-mail:gl-info@b-en-g.co.jp