B-EN-G、Oracle CPQ Cloudの製造業向け導入支援サービスを提供開始
~複雑で多様な製品選択、正確・迅速な見積もりによる「強い営業」づくりを支援~

2015年04月10日
ビジネスエンジニアリング株式会社
pdf版(167.7 KB)

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大澤正典、以下B-EN-G)は本日、日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 兼 CEO:杉原 博茂、以下:日本オラクル)が提供する仕様選定・価格決定・見積作成のためのクラウドサービスである「Oracle CPQ Cloud」の導入支援サービスを提供開始したことを発表いたします。

グローバル市場で多種多様な顧客の心を捉えるには、製品・サービスを豊富に揃えるだけでなく、売り方や値付けも文化や習慣に合わせて多様化させる必要があります。 多くの企業がこれに取り組んでいますが、見積作業に多くの時間や労力を取られるうえ、販売部門から製造・出荷部門に正しい情報が伝わらず、納期の遅れや納品ミスでライバルに負ける、売れても儲からない、等の状況が見られます。

「Oracle CPQ Cloud」(Configure, Price, and Quote)は、提案、見積もりから契約までの販売プロセス全体を管理するソリューションをクラウドで提供します。

優れたユーザーインターフェースとガイド機能により、自社の販売担当者だけでなく、代理店スタッフやウェブサイトから発注処理を行うお客様に、希望の仕様に沿って最適な製品・サービスの組み合わせを提示します。

複雑な製品構成の管理に加え、顧客別・チャネル別の価格設定や値引き適用などをルールベースで設定できるため、ビジネス拠点の拡大や環境の変化に迅速に対応することができ、「強い営業」を支えます。

また、この「強い営業」をグローバルマーケットで実現するには、「Oracle CPQ Cloud」を導入企業のビジネスモデルに合わせることが必要です。Eコマース、セールス、設計・生産システムと適切に連携させることにより「Oracle CPQ Cloud」はさらに威力を発揮します。B-EN-Gは、20年以上に渡るERP導入で培ったマスタ管理、ルール整備、コンテンツ構成管理の知見と、ビジネスエンジニアリング技術を活かし、「Oracle CPQ Cloud」の導入を通して、強い営業づくりをご支援します。

本発表に関する日本オラクル株式会社からの賛同コメント
日本オラクルは、東洋ビジネスエンジニアリングが、オラクルの「Oracle CPQ Cloud」を活用した製造業向け導入支援サービスを提供開始したことを歓迎します。

東洋ビジネスエンジニアリングは、20年以上に渡る「Oracle E-Business Suite」をはじめとしたERPパッケージの豊富な導入経験で培ったマスタ管理やビジネスルール整備、コンテンツ構成管理における知見を有するパートナーです。また、東洋ビジネスエンジニアリングは既に再販権を取得している「Oracle Service Cloud」を始め、Oracle Customer Experience Cloudを一貫して提供する統合マルチベンダーを目指しています。

顧客の嗜好とともに製品やオプションでの選択肢が増える傾向の中で、複雑で煩雑化している営業・販売プロセスの効率化が求められています。ERPでの実績が豊富な東洋ビジネスエンジニアリングのサービスとノウハウと、迅速かつ正確な見積作成や最適な提案業務を支援する「Oracle CPQ Cloud」を組み合わせ、売上・収益の向上に寄与する営業支援の仕組みを提供していきます。

日本オラクル株式会社
アライアンス事業統括 副社長執行役員
椎木 茂

Oracle CPQ Cloudに関する概要はこちらにてご覧いただけます。

以上



※本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

※OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

お問い合わせ先

当報道に関してのお問い合わせ窓口
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
業務管理本部 広報 猪野 肇
TEL: 03-3510-1615
お問い合わせ

当サービスに関してのお問い合わせ窓口
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
ソリューション事業本部 マーケティング部
TEL: 03-3510-1622
お問い合わせ