B-EN-Gがグローバル経営管理ソリューション「B-EN-Ggpm」を開発 グループ企業にわたる予算・業績管理、管理連結、制度連結を統合
~連結会計にも対応した日本初のSAP® Business Planning and Consolidationテンプレート~

2015年04月03日
ビジネスエンジニアリング株式会社
pdf版(296.3 KB)

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:大澤正典、以下B-EN-G)は、SAPジャパンが提供する計画策定、予算編成、財務連結統合型EPMソリューション「SAP® Business Planning and Consolidation」を基盤として、グループ企業にわたる予算・業績管理、管理連結、制度連結を統合したグローバル経営管理ソリューション「B-EN-Ggpm」を開発し、この度、提供を開始いたしましたので発表いたします。

【グループ企業の経営管理における課題】
海外に生産拠点、販売拠点を設ける、あるいは事業の多角化等に伴って企業グループが形成されるなどにより、グループ全体の状況把握の面で大きな経営課題を抱えているという声がよく聞かれます。

  • グループ内の各社に、予算・業績管理のシステムが導入されていない。
  • 制度連結のシステムはあるが、グループの実態を把握する管理連結は未導入である。
  • 管理連結システムと制度連結システムが別個に構築されているため、数値の整合性確保が困難であり、システム運用面でも効率が悪い。

【B-EN-Ggpmの導入効果】
「B-EN-Ggpm」は、グループ各社の予算・業績管理、管理連結、制度連結システムを1つのシステム基盤SAP Business Planning and Consolidation上に構築されています。業務の統合とサーバーなどのインフラ面の統合により、上記の課題を解決します。

①グループ内各社が行う予算・業績管理業務の効率化
②制度連結と整合性を保つ形で、連結予算や内部管理用の詳細なセグメント別連結実績等の管理連結の把握可能
③グループのマネジメント層が、グループ内各社の予算・業績情報を、経営判断に必要な切り口および粒度で、詳細にリアルタイムに把握可能
④グループ内でシステムを共有することにより、導入・運用費用を削減

【B-EN-Ggpmの特徴】
① 典型的な業務シナリオとそれに応じた機能が開発済みであるため導入作業が簡便
② 画面や帳票類、連結の自動消去等の機能は、コード体系(勘定科目・組織等)の変更にプログラム作成なしで対応
③ 配賦基準や配賦時の勘定科目の設定は、ユーザー自身で柔軟にメンテナンス可能
④ 画面と帳票類の表示言語は、日本語と英語を標準装備

機能詳細につきましては別紙をご覧ください。また、B-EN-Ggpmは、利用環境が一つであれば、ユーザーID数、グループ会社数によらず同じ価格でご利用頂けます。
また、インメモリープラットフォームのSAP® HANAにも対応可能です。

なお、B-EN-Ggpmは、第一号ユーザー様が近日中カットオーバー予定です。
B-EN-Gは、これまでERPを中心に個別企業の基幹業務効率化を支援してきました。その経験とノウハウを活かし、B-EN-Ggpmの提供を通じて、経営のPDCAサイクル確立を支援いたします。

■SAPジャパンからのエンドースメント
「SAPジャパンは、このたびの東洋ビジネスエンジニアリング株式会社によるSAP Business Planning and Consolidation を基盤としたグローバル経営管理ソリューション「B-EN-Ggpm」の提供開始を歓迎いたします。SAP Business Planning and Consolidationは、海外では広く制度連結も含めた統合的経営管理プラットフォームとして利用されています。SAPジャパンでは、基幹システムをはじめ、SAP HANAデータベースを含むプラットフォームソリューション、またビジネスネットワークサービスを、企業グループを形成する日系の中核会社の多くのお客様にご利用頂いておりますが、本ソリューションは、それら日系企業のお客様におけるグループ経営強化に寄与できるものと確信しております」

SAPジャパン株式会社
バイスプレジデント, プラットフォーム事業本部長, CFOソリューション推進室長
鈴木正敏

以上


■B-EN-Ggpmについて
「B-EN-Ggpm」は、単体の予算編成・予実管理・予測(見込)作成業務と、制度連結・管理連結を、
「SAP Business Planning and Consolidation」上で連携し、実現します。
※SAP Business Planning and Consolidationは、計画策定、予算編成、財務連結に対応した直感的に使用できる統合型EPMソリューションです。予算編成業務の他に多種多様な計画策定やシミュレーションに対応することが可能な柔軟性と拡張性を持っています。また、Microsoft Excelとの親和性が高いのも特徴の一つです。

<B-EN-Ggpmの構成>
大きくグループ経営管理機能と単体経営管理機能に分かれます。
■ グループ経営管理機能
SAP Business Planning and Consolidationの標準機能を日本の会計基準に合わせて事前設定すると共に、SAP Business Planning and Consolidation標準機能に加え、在庫未実現利益消去など必要とされる機能をご提供します。
■ 単体経営管理機能
単体ベースの予算編成・予実管理・予測(見込)作成を行うための機能です。販売数値と経費数値の編成をサポートしています。

<導入メリット>
■ 素早く、正確な経営判断が可能に

  • スピーディーに提供される連結ベースの高品質な実績 / 予測情報を用いて、最新情報に基づいたグローバル視点での経営判断ができます。
  • 制度連結と管理連結を同一プラットフォーム上で実現する事により、制管不一致を解消します。

■ 業務を効率化

  • Excelベースの作業が中心となっている予算編成・見込作成業務をシステム化する事により、集計作業や数値の整合性検証作業が効率化されると共に、進捗状況の見える化をします。
  • グループ全体が同一プラットフォームで業績情報を作成するため、子会社側の状況を容易に把握でき、また、本社側からの指示も同一システム上の情報を照会しながら共有できます。

■ システム投資額の抑制

  • 制度連結システムが不要となる為、連結業務に対するシステム投資額を抑制できます。
  • 各子会社での個別の予算・業績管理システムは必要ありません。総合的にシステム投資額を抑制できます。
  • B-EN-Ggpm テンプレートを用いることにより、導入期間を大幅に短縮する事が可能です。


<導入期間>
  最短3ヶ月

<対象SAP Business Planning and Consolidationバージョン>

  • SAP Business Planning and Consolidation for Netweaver 10.0
  • SAP Business Planning and Consolidation for Netweaver 10.1

<提供物>
■ オブジェクト(下記を含むインポートファイル)

  • 基本設定(モデル/ディメンション/ロジックスクリプト/ルール設定/コントロール設定 等)
  • 基本ディメンションメンバー(マスタ)
  • 権限設定(チーム/タスクプロファイル/データアクセスプロファイル)
  • ビジネスプロセスフローテンプレート
  • Excel 入力レポート/出力レポート
  • データマネージャ
  • ABAPアドオンプログラム/アドオンテーブル

■ ドキュメント

  • 想定プロセスフロー
  • 機能説明書各種
  • 設定定義書

<価格>
B-EN-Ggpm テンプレートライセンス 200万円~700万円(機能組み合わせによる)
※グループ対象企業数は問いません。日本基準の会計制度変更に継続的に対応します。
SAP Business Planning and Consolidationライセンス費用、導入費用は別途

以上

*SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

本件に関する報道関係お問い合わせ先
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
業務管理本部 広報 猪野 肇
TEL: 03-3510-1615
お問い合わせ

本件に関する営業関係お問い合わせ先
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
ソリューション事業本部 問い合わせ窓口
TEL: 03-3510-1622
お問い合わせ