B-EN-Gが製造実行管理(MES)の短期導入ソリューションを開発
「MESlight for SAP ME」として提供開始

2013年10月23日
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
pdf版(215.6 KB)

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石田 壽典、以下B-EN-G)はこの度、SAPジャパンが提供する製造業向け製造実行管理(MES)モジュール「SAP ME」に対応した短期導入手法を開発し、SAP社による「RDS(Rapid Deployment Solutions)」の認定を受け、「MESlight for SAP Manufacturing Execution」として提供を開始致しましたので発表致します。

『MESlight for SAP Manufacturing Execution』とは
「MESlight for SAP Manufacturing Execution」は、SAPR Manufacturing Executionをコアモジュールとして、SAP社が提唱するRDSのコンセプトに基づいて開発された(短期)導入ソリューションパッケージです。製造業へのERP及びMESシステムの導入におけるB-EN-Gの豊富な経験とノウハウを活用し、導入対象範囲がRDSコンセプトに沿って製造現場管理における主要な管理要件の実現をサポートします。さらに、作成済みの関連ドキュメントや、導入に必要なパラメーター設定の事前実施等の工夫により、半分以下の費用と3ヶ月という短期間でのMESシステムの稼働を可能としました。
※ SAP Manufacturing Executionは、製造現場における実績収集を通じて、作業進捗状況、出来高、不良品発生状況等をリアルタイムに把握し、クイックアクションを取るためのアプリケーションで、大企業で数多く採用されているSAPR ERPとシームレスに連携されています。
※ RDSとは、導入するSAPソリューションの中から、予め使用する機能を限定しておくことにより、短期導入且つ低コストによるサービス提供を図るアプローチです

■ 『MESlight for SAP Manufacturing Execution』の特徴と導入メリット
「MESlight for SAP Manufacturing Execution」で実現されるMESシステムにより、現場に大きな負担をかけることなく日々発生する製造現場の情報を活用し、ERPの管理情報と密連携させることで経営や現場改善に役立てる事が可能となります。また、本稼働後の拡張開発や複数拠点展開も可能であり、低価格・短期間で効果を発揮できるような構成になっております。

<導入メリット>
  • 製造計画と現場での製造作業が連携され、進捗報告、納期確認などの業務コストの削減が図れるだけでなく、現場の異常を早期に察知し、現場の状況を反映した的確な意思決定を促します。
  • 製造現場の最新の状況を把握した上で、変更に対する指示を迅速且つ正確に反映させることが出来ます。
  • 品質管理の強化により、品質管理業務のコストの削減と品質問題の是正アクションによる不良率改善が図れます。
  • 現場作業に紐づく歩留り、リワーク数などの指標集計作業の工数削減と指標をベースとした品質改善が図れます。
<対象業務範囲>
  • SF(Shop Floor)オーダー単位での製造実績管理、品質データ収集作業管理
  • 原材料/部品/半製品/仕掛品の在庫数管理、作業進捗管理
  • 検査/リワーク/廃棄作業管理、欠陥管理
  • SAP ERPインターフェース機能、SFオーダー/現品票印刷機能、トレース機能
<導入期間>
3ヶ月 (単一工場、5製品に対する導入の場合)

<パッケージに含まれるもの>
  • SAP Manufacturing Execution本番環境
  • 構築作業及びマスタ設定報告書、パラメーター設定報告書
  • 動作確認結果報告書
<価格>
2,000万円 (各種ライセンスは別途購入必要)

以上

  • 本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
  • SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP AGやその他世界各国における登録商標または商標です。

お問い合わせ先
当報道に関してのお問い合わせ窓口当サービスに関してのお問い合わせ窓口

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
業務管理本部 広報 猪野 肇
TEL: 03-3510-1615
お問い合わせ

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
ソリューション営業統括本部
TEL: 03-3510-1622
お問い合わせ