スマートデバイスを用いた製造現場のカイゼンソリューション「RAKU-Pad」発表

2013年08月08日
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
pdf版(182.2 KB)

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:石田壽典、以下B-EN-G)は、スマートデバイス型製造現場カイゼンソリューション「RAKU-Pad」を、本日8月8日より提供開始することを発表します。

「RAKU-Pad」は、従来、多くの製造現場で「紙」を使って行われていた製造に関連する様々な情報の記録や参考情報の参照などの作業に、モビリティーと操作性・表現力に優れたスマートデバイスを利用するソリューションです。単にその情報端末としての優位性を活用するだけでなく、当社の現場ノウハウを元に開発したデータベース/解析機能と組み合わせることにより、「簡単なデータ入力」、「手軽なデータ解析」、「素早い情報活用」という特長を実現し、製造現場の業務効率改善、品質向上、トラブルシューティング等を支援するソリューションです。

■RAKU-Padの特長

 1. RAKU-Padへの入力はとても簡単
  • 持ち運び可能なタブレットの広い画面にタッチ操作で簡単入力。タッチペンを用いれば、手袋を装着したままでも入力が可能です。
  • 入力内容や範囲が限られている項目については、選択式の入力をサポート。紙に書いて記録するよりも簡単かつ間違いの少ない入力を実現します。
  • タブレットのカメラ機能を活用すれば、トラブル発生箇所の具体的状況を写真や動画で簡単に記録することができます。
 2. RAKU-Padは手軽な解析ツールを標準装備
  • 紙に記録した情報を再入力することなく、コンピューターにデータを登録し、解析を実行できます。もちろん、数十万件を超えるデータでも解析可能です。
  • 基本的な解析手法から最新の手法までカバーされているため、多面的な解析結果を用いて原因究明を進めることが可能です。
 3. RAKU-Padでは素早い情報活用が可能
  • データベースと連携した情報端末ならではの検索機能により、紙に記録した情報の参照に比べ、極めて短時間で必要な情報を取り出すことが可能です。
  • 工程図や作業標準書などのドキュメント類や、日々蓄積されていく現場の情報を、必要なだけ現場で持ち運び、タブレット上で検索、参照することができます。
  • 管理者はデスクのPC上で各種情報を参照できるため、製造状況の確認や計画策定に必要な情報をタイムリーに把握することが可能です。

■RAKU-Padの活用イメージ

 本製品の特長と主な機能は以下の通りです。

 ● 製造&保全業務ドキュメント管理
  • エリア(ライン)、工程、機種、装置(号機)に関連する様々なドキュメントを登録し、作業現場(製造現場、保全現場)にてiPadから検索、閲覧。
    [ ドキュメント例 ]
    装置図面、装置回路図、装置仕様書、各種手順書、作業標準書、作業指示書、QC工程図、各種作業のノウハウ集等々
  • 文字では伝えにくいナレッジ情報も、写真や動画で登録し、閲覧できます。
  • 役に立ったナレッジ情報(ドキュメント)を「good job!」と評価。
 ● トラブル報告管理
  • トラブル発生時の状況報告から、対応の判断・着手、対応完了と承認の情報を作業現場にてiPadで登録し、トラブル状況と進捗状況のリアルタイムな情報共有を実現。
  • 文字では伝えにくいトラブル状況も、写真や動画で登録し、情報共有可能。
  • トラブル発生時に、過去の類似トラブルを検索・参照し、参考にすることができます。
  • エクセルファイルとして出力し、レポート作成ができます。
 ● 点検チェックシート管理
  • 製造装置、測定器、エリア、工程、レシピ、メンテナンス等々に関する各種点検チェック内容を、作業現場においてiPadで確認しながら、点検結果登録が可能。
  • 点検手順のドキュメント(写真や動画も可能)を登録、閲覧できます。
  • 点検内容(点検項目)の追加や修正が容易(権限のあるユーザが実施)。
 ● 解析
  • iPadから登録した工程実績や設備の稼働状況など様々なデータをグラフ化。
  • データの分布やデータ間の関係、経時的変化などを、iPadを使って現場で手軽に確認できます。
  • 管理図を出力し、検査結果や不良率など重要なデータの傾向、バラつきなどを監視。
  • 蓄積したデータを基に統計解析処理。様々な手法によるデータの分類・予測が可能。

「RAKU-Pad」については下記サイトをご覧ください。
http://www.b-en-g.co.jp/eBusiness/raku-pad.html

  • 本ニュースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先
当報道に関してのお問い合わせ窓口当サービスに関してのお問い合わせ窓口

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
業務管理本部 広報 猪野 肇
TEL: 03-3510-1615
お問い合わせ

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
ソリューション事業統括本部 第2営業本部
TEL: 03-3510-1622
お問い合わせ