女性活躍推進法に基づく行動計画

ビジネスエンジニアリング株式会社 行動計画

女性社員を増やし、女性が管理職として活躍でき、男女ともに働きやすい労働環境を作るため、次の行動計画を策定する。

1. 計画期間

2021年4月1日 ~ 2026年3月31日

2. 目標と取り組み内容・実施時期

目標1:社員に占める女性労働者の割合を18%以上にする。

<取組内容>

●2021年4月~ ダイレクトリクルーティングサービスを活用した、女性候補者へのアプローチの強化施策の検討・実施。
●2021年10月~ 採用ホームページ掲載内容、およびダイレクトリクルーティングサービスの取組み内容の評価、見直しを実施。
●2022年10月~ 以後、定期的な評価、見直しを実施。

目標2:管理職に占める女性労働者の割合を7%以上にする。

<取組内容>

●2021年4月~ 全社にダイバーシティ&インクルージョンに対する意識向上を促す施策の実施。(専門家による講演会の開催等)
●2022年4月~ ロールモデルとなる女性管理職と女性社員との交流会の実施。
●2023年4月~

以後、定期的な評価、見直しを実施。

目標3:多様な働き方を選択できる各種制度を周知し、未就学児を育てる労働者の「時短勤務」および「所定外労働免除」制度の利用率を合計2%以上引き上げ、利用者の内1人以上は男性社員とする。

<取組内容>

●2021年4月~ 時短勤務や残業免除といった柔軟な働き方を選択できる制度(B-ワークライフバランス制度)の周知を図り、利用を促進する。
●2021年4月~ 「在宅勤務専門社員」という働き方が選択可能であることを社内に周知し、活用を促す。
●2022年4月~ 以後、定期的な評価、見直しを実施。

以上

女性の活躍の現状に関する情報公表

2022年3月31日現在

①労働者に占める女性労働者の割合
16.08%
②男女の平均勤続年数の差異
74.14%
③管理職に占める女性労働者の割合
6.64%